陸上自衛隊 第42回福島自衛隊音楽祭鑑賞記録

 2019年1月25日(日曜日)

 福島市飯坂町のパルセいいざかで開催された「第42回福島自衛隊音楽祭」を鑑賞してきました。
 この音楽祭は、自衛隊が開催する音楽演奏会としては、非常に例が少ない、事前応募・当選が不要であり、午前と午後の1日2回公演されます。
 主演は、第6音楽隊、福島駐屯地音楽隊、郡山駐屯地音楽隊、福島駐屯地ファンシードリル隊、郡山未来響衛太鼓でした。
 音楽祭のプログラムは以下の通りで、会場で配布されたパンフレットから転載しました。
 今回は2ページに分割して、音楽祭の様子を紹介します。

~第1部~
 メトロプレックス ~マンハッタンからの3枚の絵葉書~
 ファンダンゴ
 ヘンリー・マンシーニの思い出
~第2部~
 太鼓演奏(武将・雷轟)
 らっぱ演奏(自衛隊らっぱメドレー)
 ファンシードリル演技
~第3部~
 宿命
 ジャパニーズ・グラフィテXIV A・RA・SHI ~Beautiful Days~
 ありがとう

 文面と画像の一部は、陸上自衛隊福島駐屯地、自衛隊福島協力本部のホームページ及びtwitterから引用しました。
 陸上自衛隊福島駐屯地
  https://www.mod.go.jp/gsdf/neae/6d/unit_hp/fukushima_hp/index.html
 自衛隊福島協力本部
  https://www.mod.go.jp/pco/fukushima/#
  https://twitter.com/Fukushimapco

 午前に開催された第1回講演を鑑賞することにしました。 一般来場者の駐車場は、飯坂学習センター南側駐車場が準備されました。  臨時駐車場から会場までは、徒歩での道程で約800mです。 往路はシャトルバスを利用させて頂くことにしました。
 来場者の人員輸送には、高機動車が数台使用されました。  運が良ければ、こんな感じで体験乗車できます。
 順番待ちの列に配車されるタイミングで、乗車できる車両が決まります。 今年は人員輸送車1号に乗車しました。  福島市飯坂温泉観光会館 パルセいいざかです。 会場隣の駐車場で降車して、会場に向かいます。
 開演約30分前に着席しました。 撮影に最適な正面付近の席は空いていなかったので、少し離れてしましました。  開演待ちの間、歌謡曲などの音楽演奏が行われました。
 音楽演奏に合わせてゆるキャラが盛り上げました。 左側は福島市のキャラクター「ももりん」、右側は飯坂町のキャラクター「ゆげお」です。  スクリーンには、本年度の福島駐屯地の出来事などが映し出されました。
 開演です。  オープニングでは「World in Union」が演奏されました。 福島駐屯地音楽隊、郡山駐屯地音楽隊、福島地方協力本部音楽クラブが演奏しました。
 国歌斉唱です。 福島駐屯地ファンシードリル隊が入場します。  整列した様子です。
 国旗が入場します。 続いて、来場者も起立して国歌斉唱しました。  国歌斉唱が終了して、福島駐屯地ファンシードリル隊は退場します。
第1部は、第6音楽隊により、「メトロプレックス ~マンハッタンからの3枚の絵葉書~」、「ファンダンゴ」、「ヘンリー・マンシーニの思い出」が演奏されました。
 「ファンダンゴ」です。 トランペットとトロンボーンのソロ演奏が入りました。  第1部の最後の曲は、ヘンリー・マンシーニの思い出と題して、映画音楽から選曲のメドレーでした。 次のページに続きます。