航空自衛隊 松島基地撮影記録

 2016年8月3日(水曜日)


 航空自衛隊松島基地の外周から、ブルーインパルスの訓練を見てきました。
 基地周辺から、ブルーインパルスの訓練を見るのは、今回が初めてです。
 訓練は平日に行われるので都合が付かなかったことや、松島基地までの距離は約130kmもあり、踏み切れないでいましたが、今回はブルーインパルスの訓練が午前・午後の2回予定されており、三沢基地所属のF-2戦闘機が松島基地で訓練を行っているようであり、好機と捉えて行くことにしました。
 今回は3ページに分割して、ブルーインパルスの訓練や自衛隊機の離着陸の様子、基地周辺の様子などを紹介します。

 画像の一部は航空自衛隊松島基地のホームページから引用しました。
    http://www.mod.go.jp/asdf/matsushima/

 松島基地は、東日本大震災により甚大な被害を受けたため、航空祭の開催が中断されてましたが、今年は6年ぶりに再開されることになりました。
 ただし、今回は入場者数が制限されるため、事前に入場券を応募して当選する必要があります。
 松島基地のホームページでは、ブルーインパルスの訓練予定が公開されています。
 午前と午後の2回、訓練が予定されることは、決して多くありません。
 天候などの事情によっては、訓練が中止されることもあるようです。
 松島基地周辺の地理が不案内なので、今回は付近の偵察行動も目的としていました。
 ←1は管制塔近くの防潮堤、←2は私が見ていた場所です。
 基地周辺の様子は、順を追って説明することにします。
 午前7時40分頃、松島基地管制塔近くに到着しました。
 ホームページに公開されている訓練予定時間よりも、早まることがあるようです。
 地図に←1と印した場所には防潮提がありますが、階段が備え付けられているので、登って見ても構わないようでした。
 防潮堤の上から滑走路を見た様子です。
 基地の外周に設置されたフェンスよりも高いので、視界は良好です。
 滑走路を走行する車両ですが、視界を妨げません。
 一部視界が遮られますが、格納庫も見えます。  管制塔です。
 防潮堤は非常に長いです。
 基地の近くの工事は完了しており、その南方の工事が進められています。
 防潮堤上からの見通しは良好でしたが、滑走路までの距離が離れていたので、←2で印した約100m滑走路側に場所を変更しました。
 脚立と準備して来なかったので、自動車のボンネットに足を掛けて、何とか見通せる状態でした。
 救難消防車1B型(ストライカー)のようです。
 陽射しが強く、逆光なので、暗い写真が多くなってしまいました。
 午前7時55分頃、ブルーインパルスが姿を見せました。
 訓練予定時間よりも早めに到着して良かったです。
 最初に登場したのは、ブルーインパルス2号機です。  約1年ぶりに見るブルーインパルスです。
 滑走路南西端から離陸するようです。
 どの場所から見ることが最適なのかは分かりませんが、滑走路南西側では、近くからドラッグシュートの回収作業を見られることがあるようです。
 続いて2機が登場しました。
 機体は救難消防車の向こう側なので見えませんが、2号機がスモークを発出してます。
 イベントではないのに演出が行われました。
 他の航空自衛隊の基地と比較すると、フェンスが低いので、高い脚立は必要としないようです。
 松島基地にはスクランブル発進を行う実戦部隊がいないためなのか、滑走路近くまで近付くことができ、見え易いように配慮しているのかもしれません。
 2号機が離陸しました。  逆光で部分的に厚い雨雲や薄雲、晴れ間が見えたりするので、撮影が難しいです。
 2号機の離陸に目が奪われている間に、1号機と3号機が目前を通過しました。  スモークを発出しています。
 今度は機体が見えました。
 ほぼ真横から離陸直後の様子をみることができました。
 滑走路までの距離は、約350mです。
 脚立が欲しいところです。
6号機が登場しました。
 観衆は少ないのですが、隊員が手を振っています。
 私もカメラを片手に手を振り返しました。
 私の位置から誘導路までの距離は、約100mです。
 フェンス沿いまで近付いた場合は、約70mの距離から見ることができます。
 望遠レンズを通してでなければ、離陸開始位置は遠くて見えません。  もう1機登場しました。
 6号機がスモークを発出しています。  陽炎が発生しているので、ボヤけてしまいます。
 上空は一部厚い雲が覆っていますが、陽射しが強く、暑い1日でした。
雲の隙間を背景に撮影できました。
 雨雲があるので、瞬く間に機体が雲に隠れてしまいます。  先程登場した5号機が牽引されています。
 何の施設なのかは分かりませんが、5号機は飛行しないようです。  午前8時15分頃、4機のブルーインパルスの離陸が完了しました。
 暫くの間、基地の様子を窺うことにしました。
 遠くにはブルーインパルスの格納庫が見えます。  格納庫からF-2戦闘機を搬出しています。
 今にも局地的な大雨が降り出しそうな天気です。
 T-4とF-2です。
 遠いので判然としませんが、垂直尾翼の部隊マークは、松島基地の第21飛行隊のように見えます。
 格納庫前に牽引されるF-2です。
 三沢基地の第3飛行隊の部隊マークのように見えます。
 ブルーインパルスが戻ってきました。  基地付近の上空は天候不順だったので、洋上で訓練を行っていたのかもしれません。
 午前の訓練では、離着陸の様子しか見られませんでしたが、午後は基地上空での訓練が行われました。  約30分の訓練を終えて着陸しました。
 続いて2機が着陸しました。  2機の距離は接近しています。
 最後の1機が着陸します。  滑走路南西側では数人が撮影していましたが、着陸時刻を見越して、こちら移動して見れば良かったのかもしれません。
 ブルーインパルスの午前の飛行訓練は終了です。  格納庫に戻りました。
 この場所からは、ブルーインパルスの格納庫の様子は見えません。
 次のページでは、F-2戦闘機の離着陸の様子を中心に紹介します。