沈船防波堤「汐風」「澤風」


 福島県いわき市の小名浜港には、昭和23年に旧日本海軍の駆逐艦「汐風」と「澤風」が防波堤を構築するために沈められました。
 2012年7月15日には、汐風が沈められた場所を撮影しており、2014年2月9日には、三崎公園に保存されている澤風のタービンを撮影したので、双方を合わせて紹介することにします。

 2012年7月15日(日曜日)


 駆逐艦汐風が沈められた小名浜港1号埠頭を見てきました。
 小名浜港は、東日本大震災での津波被害によって、付近の様子は変わってしまいましたが、今後の港湾整備や風化などによって、これ以上、面影が消えてしまう前に、現状だけでも写真に残したいと思いました。
 掲載した写真は、東日本大震災後から1年4ヶ月後の平成24年7月15日に撮影したものです。
 船体は見ることができませんが、他のホームページを検索すると、港湾整備が進められる前の船体の一部が写った写真を公開しているものもあります。
 以下、駆逐艦汐風などについて、案内板やWikipediaから引用して簡単に説明します。


 小名浜港

 小名浜港の歴史は、江戸時代中期まで遡り、納付米を江戸に積み出したことにより、港の基礎が築かれました。
 本格的な港湾整備は、大正7年の漁港修築工事が始まりで、昭和2年には重要港湾に指定され、港湾修築工事が開始されました。
 しかし、戦時中の混乱と財政悪化により、工事を中断したため、防波堤や砂防施設は不完全で、波風による被害が頻発しました。
 戦後、漁港整備や常磐炭田から産出される石炭輸送などのため、港湾整備が再開されることになりました。 当時は、防波堤や砂防堤の完成は急務だったものの、建設資材の不足から、艦艇を沈める方法が取られました。
 戦後の経済発展とともに、工業港として整備が進められ、取扱貨物量は大幅に増加し、近年は水族館や観光物産館センターなどの観光施設が整備されています。


 峯風型駆逐艦

 峯風型駆逐艦は、大正6年から大正7年にかけて15隻が建造された日本海軍の大型駆逐艦です。
 当時の巡洋戦艦に対応するため、高い速力が要求されており、凌波性の改善と航続距離が延伸されています。
 昭和初期までは、水雷戦隊の主力を担っていましたが、新型駆逐艦の建造が進展したことや、太平洋戦争開戦時には艦齢20年近い老朽化と装備の旧式化のため、主として後方での船団護衛任務に当てられました。
 終戦時に残存した同型艦は4隻で、「澤風」と「汐風」は防波堤として小名浜港に沈められ、2隻は戦時賠償艦として連合国に引き渡されました。


 駆逐艦汐風

 「汐風」は峯風型駆逐艦の8番艦で、大正10年に舞鶴海軍工廠で竣工し、横須賀鎮守府籍に編入されました。
 日中戦争では、昭和12年以降、華南の沿岸作戦に参加しました。
 太平洋戦争開戦時には、第一航空艦隊第四航空戦隊に所属し、航空機が海面に不時着したときの乗員の救助や機体の回収などの任務に当たりました。
 多くは船団護衛任務でしたが、1942年4月のセイロン沖海戦では、空母「龍驤」の護衛に当たり、同年5月のミッドウェー島攻略作戦では、陽動作戦として計画されたアリューシャン攻略作戦に参加し、特設水上機母艦「君川丸」の護衛に当たりました。
 戦局の悪化と艦艇の不足から、昭和19年から翌年にかけて、人間魚雷「回天」の搭載艦に改装されました。
 この改装では、1番主砲を除く主砲と魚雷兵装は撤去され、艦尾にスロープを設けて回天4基を搭載できましたが、実戦で使用される機会はなく、呉港で終戦を迎えました。
 昭和20年10月に除籍され、同年12月に特別輸送艦の指定を受けて復員輸送に従事し、その役目を果たした後、昭和23年8月25日に小名浜港の防波堤として沈められ、その生涯を終えました。


 駆逐艦澤風

 「澤風」は峯風型駆逐艦の2番艦で、大正9年に三菱造船長崎造船所で竣工しました。
 上海事変では諸作戦に従事し、昭和10年には館山海軍航空隊の練習艦、昭和13年には予備艦、昭和14年には横須賀鎮守府練習駆逐艦となりました。
 昭和17年からは、対潜掃討や船団護衛に従事し、昭和19年12月18日には、海軍対潜学校練習艦となり、沿岸警備などに従事しました。
 昭和20年2月から対潜実験艦への改装工事が行われましたが、この改装では、主砲は4番主砲を残して撤去、1番砲跡に15cm9連装対潜噴進砲を装備、魚雷兵装は全て撤去、25mm連装機銃4基・同単装機銃4挺の増設などが行われました。
 昭和20年5には第1特攻戦隊の特攻攻撃訓練目標艦となり、横須賀において無傷で終戦を迎え、昭和23年4月に小名浜港の防波堤として沈められました。

 余談ですが、この2隻の他にも、小名浜港には橘型駆逐艦「桂」が防波堤として沈められているようです。
 日本海軍最後の進水艦で未完成艦のため、詳しい資料が得られないので、知っている方がいれば、是非教えて頂きたいと思います。
駆逐艦「汐風」



 基準排水量
 1,215t
 軸速力(計画)
 38,500馬力
 主機械
 ロ号艦本式缶4基、パーソンズ式タービン2基2軸
 乗 員
 約154名
 速 力(計画)
 39ノット
 主要寸法
 102.57m x 8.92m x 2.90m (全長、最大幅、喫水)
 航続距離
 14ノットにて3,400カイリ
 燃料搭載量
 395トン
 主要兵装
 45口径12cm単装砲4門、6.5mm単装機銃2挺
53.3cm連装魚雷発射管3基、1号機雷16個
 同型艦
 「峯風」、「澤風」、「沖風」、「島風」、「灘風」、「矢風」、「羽風」、「秋風」、「夕風」、「太刀風」、「帆風」、「野風」、「波風」、「沼風」
 画像は案内板から、データはWikipediaと案内板から引用しました。

 小名浜港東側と三崎公園付近の地図です。
 それぞれの場所を分かり易く説明するため、矢印で示しました。
   矢印1・・・・・「汐風」が沈められた場所
   矢印2・・・・・「澤風」が沈められた場所
   矢印3・・・・・「澤風」のタービンが保存されている場所


 「汐風」が沈められた場所は、現在の小名浜港第1埠頭の、いわき市観光物産センター「いわき・ら・ら・ミュウ」の南側になります。
 「澤風」は、その東側にある市営小名浜魚市場前の防波堤一部として沈められました。
 写真と地図は「Yahoo!地図」から引用しました。
 東日本大震災発生以前の1号埠頭の写真です。
 上の写真よりも古いので、埠頭の形状が少し異なります。
 震災後の1号埠頭の写真です。
 「Googleマップ」から引用しました。
 上の写真を拡大したものです。
 船尾部分に茶色に着色されたタイルが使用されているので、沈められた場所が分かり易くなっています。
 「汐風」が沈められた場所を推定して、赤色で表示しました。
 船尾後方から船首に向けて撮影した様子です。
 以前は、船尾部分のタイルが周囲と違う色で表示されていたので分かり易かったのですが、震災の復旧工事で周囲と同一色のタイルが使用されたため、区別が付きません。
 船尾から船首方向に向けて撮影しました。
 写真中央は汐風の案内板です。
 1号埠頭南側の様子です。
 「汐風」が沈められた右舷付近です。
 震災によって、埠頭の中央に亀裂が生じて凹んでいます。
案内板ですが、津波よる海没のための傷みが見られました。
 案内板が設置された場所は、後部甲板上になります。  「汐風」と「澤風」が沈められた場所の説明です。
 案内板を撮影した写真の一部を拡大したので、不鮮明になってしまいました。
 「汐風」が沈められた左舷中央から船首部分の様子です。
 震災の津波による被害の跡が残っています。
 コンクリートの基礎が、写真左上から右下にかけて斜めに打たれているのは、「汐風」の船体の位置を示しているのかもしれません。
 1号埠頭東側の様子です。
 瓦礫は撤去されており、コンクリートの基礎や床面、傾いた電柱が震災の被害を伝えています。
 1号埠頭東側の様子です。
 衛星写真では、建物があったはずですが、更地になっています。
 駐車場には亀裂が入り、段差が生じています。
 写真中央の漁船が停泊している防波堤に、「澤風」が沈められと見られます。
 「澤風」の面影は全く感じられません。

 2014年2月9日(日曜日)


 いわき市の三崎公園には、駆逐艦「澤風(沢風)」のタービンが保存されています。
 汐風が沈められた場所を見た際に、序でに写真を撮影したかったのですが、その時には時間が無かったので諦めていました。
 この日の前日には、記録的な大雪が降ったので、雪景色の中での写真になってしまいましたが、いわき市は温暖な地域で翌日まで積雪が残ることは殆ど無く、希少な写真になったと思います
 写真左下には、澤風のタービンが小さく写っています。
 いわきマリンタワーから西方に約70mの場所です。
 三崎公園は広いので、場所が分かり難いかもしれません。
 澤風のタービンを中心に、記念植樹や記念碑、案内板などが設置されています。
 高松宮殿下御手植松です。  澤風は、海軍技術本部式パーソンズ型タービン38,500馬力2基を備え、38~40ノットの高速を出し得ました。
太いシャフトと繊細なブレードが、長年の降雨や潮風に耐えて、当時の姿を留めています。
 澤風は大正7年に起工しているので、約96年前に製造されたことになります。  右側は、「駆逐艦澤風植樹記念碑」
 中央は、「艦魂碑に関する説明板」
 左側の句碑には、「澤風の 孤高を慕う 波がしら」と刻まれています。
 説明板です。
 読み難くなってしまいましたが、文面が判読できるように写真を拡大しました。
この場所からは、小名浜港が臨めます。