陸上自衛隊 平成29年度富士総合火力演習(教育演習)見学記録

 第3ページでは、前段演習の後半部分を紹介します。
 4両の軽装甲機動車が登場しました。
 84mm無反動砲と110mm個人携帯対戦車弾を積載しており、射撃位置に移動しました。
 96式装輪装甲車が4両登場しました。
 前方の2両は、96式40mm自動てき弾銃を搭載していました。
 後方の2両は、12.7mm重機関銃を装備していました。  96式40mm自動てき弾銃の射撃です。
 40mmてき弾が着弾した様子です。  12.7mm重機関銃の射撃です。
12.7mm重機関銃の射撃の様子です。
 小銃小隊は下車戦闘に移行しました。  06式小銃てき弾を射撃します。
 遠いので、射撃の様子は撮影できません。
 06式小銃てき弾です。
 この写真は、陸上自衛隊のホームページの平成29年度富士総合火力演習(映像)から転載しました。
 06式小銃てき弾は、発射から約10秒で着弾して爆発しました。
 89式5.56mm小銃と5.56mm機関銃の射撃です。  84mm無反動砲の射撃です。
 左側の砂塵を巻き上げている場所が射撃位置ですが、射撃の様子は見えません。
 84mm無反動砲の榴弾が着弾しました。  110mm個人携帯対戦車弾の着弾です。
 84mm無反動砲の対戦車榴弾の着弾です。  84mm無反動砲の発煙弾が2発着弾しました。
 広範囲に煙が広がりました。
 01式軽対戦車誘導弾の射撃です。
 誘導弾は、発射筒から射出された直後、斜め後方に向いたブースターに点火して加速するので、射手が後方爆風を受け難くなっています。
 01式軽対戦車誘導弾は、低伸弾道モードとタイブモードの2種類の飛翔モードを選択できます。
 目標を上空から追尾するダイブモードで射撃されました。
 射撃後、速やかに離脱できるので、敵からの反撃の機会を防ぐことができます。  89式装甲戦闘車が登場しました。
 89式装甲戦闘車です。  89式装甲戦闘車は、4両が登場しました。
 35mm機関砲を射撃しました。
 この写真は、陸上自衛隊のホームページから転載しました。
 35mm砲弾が着弾する様子です。
 連射されたので、発射された砲弾が撮影できました。
 89式装甲戦闘車が離脱します。  ヘリコプター火力の紹介です。
 対戦車ヘリコプター AH-1Sと観測ヘリコプター OH-6Dが登場しました。
 射撃位置に配置しました。  観測ヘリコプター OH-6Dです。
対戦車ミサイル TOWを発射しました。
 AH-1Sが離脱します。  攻撃ヘリコプター AH-64Dと観測ヘリコプター OH-6Dが登場しました。
30mm機関砲を射撃しました。
AH-64Dが離脱します。
 対空火力の紹介です。
 87式自走高射機関砲が2両登場しました。
 会場正面に1両が登場して、砲塔旋回などの動作展示を行いました。
 35mm機関砲を射撃する様子です。  大量の砂埃を巻き上げました。
 35mm砲弾が着弾する様子です。  戦車火力の紹介です。
 会場左側から74式戦車が登場しました。
74式戦車です。
 会場右側からも1両が登場しました。
 左右の2両が射撃し、後続の2両の前進を支援します。
 74式戦車の射撃の様子です。
 この写真は、陸上自衛隊のホームページから転載しました。
 会場左側の74式戦車の射撃の様子です。  後続の2両が登場しました。
 会場右側の74式戦車は遠いので、左側の様子を撮影することにしました。
停止直後に射撃しました。
発射の衝撃で、戦車に積もった砂塵が舞い上がっています。
 74式戦車が離脱します。  90式戦車が登場しました。
90式戦車です。
行進射撃を行いました。
 この写真は、陸上自衛隊のホームページから転載しました。  停止直後に射撃しました。
 90式戦車と射撃目標の様子です。
 更に前進して、行進射撃を行いました。
 90式戦車が離脱します。
 10式戦車が登場しました。  2両が射撃し、後続の2両を援護します。
 後続の2両が登場しました。  行進射撃を行いました。
 この写真は、陸上自衛隊のホームページから転載しました。
行進射撃の様子です。
経路上に対戦車障害を発見して、停止したという設定です。
 敵の照準を妨害するため、後退蛇行射撃を行いました。
 左右に旋回しながら後進中に射撃を行いましたが、極めて高度な射撃性能及び後退時にも発揮される
高い機動性能で実現した、非常に難易度が高い射撃ということです。
 10式戦車は、後進して離脱しました。  新規装備品の機動展示が行われました。
 16式機動戦闘車が登場しました。
 昨年は、装備品展示で公開されました。
 会場を走行しただけですが、来年以降は、演習に参加するのかもしれません。
 富士教導団戦車教導隊第4中隊の部隊名が表示されています。
 この写真は、陸上自衛隊のホームページから転載しました。
射撃を行わない車両であっても、砲塔を観覧席側に向けないので、絵になる写真が撮影できません。
水陸両用車の機動展示も行われました。
 昨年は、アメリ海兵隊のAAV7が装備品展示で公開されました。
 この車両は、陸上自衛隊が装備する水陸両用車です。
 この写真は、陸上自衛隊のホームページから転載しました。
 水陸両用車は、大分県玖珠駐屯地や茨城県土浦駐屯地にも配備されており、昨年の駐屯地祭では、一般公開されています。  天候が悪化してきました。
 富士山は見えなくなってしまいました。
 前段演習の最後は、空挺降下が行われました。
 輸送ヘリコプター CH-47は、上空約1,200mの高度を飛行しましたが、雲が低かったため、僅かに姿を見せると、雲の中に隠れてしまいました。
 5名の空挺隊員が降下しました。
 空挺隊員が着地します。  空挺降下終了後、会場の散水作業が行われました。
 次のページでは、後段演習を紹介します。